Dr.松喜

1997年慶應義塾大学医学部卒業。大船中央病院勤務。大学在学中から塾講師をはじめ、指導歴は25年以上。2001年よりメック講師となる。
国家試験のための「丸暗記」だけではなく、「一生使える知識」を伝えていくことをモットーに、手作りの模型やイメージを駆使した、わかりやすい授業を行う。深い理解によって強固な知識を定着させることに定評があり、学生からの信頼も厚い。

Dr.松喜Dr.松喜

医学生へのメッセージ
医師というのはとても不思議な仕事です。私事で恐縮ですが、医学生の頃と、30歳の頃に大病をし、現代医学のお世話になりました。おかげさまで現在も生きておりますが、50年前であれば2回の病気は確実に私を仕留めていたはずです。また、医学の発展が50年遅れていても、私はここにいません。医師の仕事は個人の人生を変えることも、歴史を変えることもできる、重要な仕事です。また、大学受験の知識は入学後に不要になる場合も多いですが、医師国家試験用の知識は「試験合格のために覚えるべき知識」なのはもちろん、「一生使える知識」でもあり、皆さんを支える便利なツールとなります。そして、今ここで頑張って理解して覚えたことが、未来の自分の患者さんの命を救い、歴史を変えることにつながります。
どうか皆さん、暗記だけに頼らず、深い理解に根ざした知識をありったけ蓄えて、医師としてのスタートを切ってください。心から応援しています。
講師をされるにあたり、講義等でこだわっていることを教えてください

とにかく「幹となる知識」と「正しい知識」を提供することと、「楽しい講義」を行うことです。
①幹となる知識:理解したことは定着しますし、文字情報よりイメージ情報は保持しやすいです。理解の難しい部分は、自分なりに噛み砕いて不要部分を削ぎ落とした立体模型やイラストを使って説明することで、理解を深めるお手伝いをしています。深い理解が太い幹となり、生涯をかけて、知識の枝を伸ばし続けることができるように意識しています。
②正しい知識:私達が提供する知識は、単に試験に合格するためのツールではなく、学生さんたちが診るであろう未来の患者さんたちの命に関わってきます。正しい知識を提供できるように、学会の論文や成書での確認を怠らず、査読を繰り返し、万一訂正があればすぐに動くように心がけています。
③楽しい講義:どんなに正しい講義でも、聞き続けたいと思ってもらえないと意味がありません。笑いは人を元気にしますし、もっと聞きたい、学びたい、というモチベーションにもなります。随所に臨床での実体験や笑いを交えながら、飽きない70分間を作れるように、講義の内容と構成を工夫しています。

講師になってよかった、と感じたエピソードを教えてください

なにより、学生さんの笑顔を沢山見られたことです。笑顔とともに卒業していく学生さんたちを見送ることができ、そして医師として病院や学会で再会できるのはとても嬉しいサプライズです。もし皆さんも、どこかで私を見つけたら、ぜひ気軽に声をかけてくださいね。頑張ったみなさんのその後を拝見することが、私の励みにもなっています。
具体的なエピソードとしては、数年間、他塾でやる気をだせずにいた既卒の学生さんが、メックに移動してきたことがあります。彼は私達講師や学生同士のふれあいの中でやる気を取り戻し、本気で取り組んだ結果、無事に合格したことが思い出深いです。今でもSNSを介して交流があり、遠隔地で医師として日々頑張っている姿を拝見しています。彼も自分も、やりがいのある仕事につけて良かったと、しみじみ思います。

メックを利用して勉強する魅力や強みを教えてください

どの先生も良い意味で真面目で、上辺だけの人気取りに走ったりせず、正しい知識を面白く伝えることにこだわっている方が多いです。また講師以外のスタッフも熱心で、表に出てくるラーニングインストラクターはもちろん、裏方であるテキスト作成や撮影などの技術部門の方々の熱意や技術も素晴らしいです。さらに各部門の連携がきちんと取られているので、サポート体制が非常にしっかりしています。学生さんたちには、ぜひ、そうやって多くの人たちが関わって作っているメックの良質なコンテンツを、しっかり堪能して欲しいと思います。

CONTACT US

0120-16-3891

AM 9:00 - PM 6:00 (平日のみ)

ページトップへ