Dr.祐

昭和54年生まれ、鹿児島県出身。佐賀医科大学(現:佐賀大学医学部)卒業。香川小児病院(現:四国こどもとおとなの医療センター)で臨床研修を終了後、鹿児島県内の病院で小児科医として勤務。その後、大学教授として救急救命士教育に従事し、現在は医療法人百玄会理事長。
患者である子どもたちのみならず、保護者からも信頼を得る人気小児科医としての、豊富な臨床経験をもとにしたテクニックを駆使した講座は、国試得点力に結びつくと人気を博している。

Dr.祐Dr.祐

医学生へのメッセージ
学生の時に、国家試験の勉強を利用して基礎からしっかり知識を積み上げていると、臨床の現場に出てからも確実に役立ちます。
もちろん、勉強以外のことにも時間をかけてじっくりと取り組める時期なので、たくさんのことにチャレンジしてください。よく遊び、よく学んで、実り多き学生時代にしてください!
メック講師をはじめた理由を教えてください

もともと教えることが好きで、コメディカル教育や研修医教育を積極的に担当してきたのですが、メックで個人指導を担当する医師を募集していると知り、気づいた時には応募していました!

講師をされるにあたり、講義等でこだわっていることを教えてください

昨今の国家試験では、従来の基本的な知識を純粋に問うパターンと、研修医として小児科をローテートするときに重要となる、臨床現場での考え方を問うパターンの2つが主流だと思います。特に小児科では特有の考え方もあるので、学生さんにとってはイメージが湧きづらい、臨床現場での考え方が身につくような構成を意識しています。

講師になってよかった、と感じたエピソードを教えてください

担当していた学生さんが合格して、医師として活躍している姿をたまたま目の当たりにする機会があり、とても嬉しかったことを覚えています。

メックを利用して勉強する魅力や強みを教えてください

わかりやすい講義で、基本からしっかり医学知識を積み上げていくことができるのが、最大の魅力だと思います。私は学生時代に知識が十分に整理できず、国家試験も強引に合格をもぎ取ったタイプなので、研修医になってからわからないことが多すぎて、とても苦労しました。しかし、メックの講義を一つひとつしっかり消化することができれば、きっと私のような苦労はしないのではないかと思います。「国家試験の勉強は、臨床では役に立たないのでは?」と聞かれたことがありますが、むしろ全く逆であると断言できます。 医師として最善のスタートを切るために、メックは大きな力となってくれると思います。

CONTACT US

0120-16-3891

AM 9:00 - PM 6:00 (平日のみ)

ページトップへ