Dr.松本

近畿大学医学部卒業。日本麻酔科学会専門医。メック麻酔科講師。2017年よりメック講師となる。医学生や初期臨床研修医、専攻医の先生方への麻酔科指導を日常的に行いながら、臨床麻酔分野や学会活動を通じて、「麻酔科の楽しさ」を伝えている。「若い医師・医学生は未来の希望!!!」を信念に、メックOBとして受講生に「聴いて良かった!」と言ってもらえる講義・テキスト作成に取り組ん でいる。
医学生とメックへの愛に誰よりも溢れ、その情熱で医学教育に真摯に向き合い、多くの信頼を集めている。     

Dr.松本Dr.松本

医学生へのメッセージ
このご時世、好きなことを仕事にできることほど、素晴らしいことはありません。
1日1日を大切に、自身の未来の医師像を想像して頑張ってください。
「若い医師・医学生は未来の希望!!!」です。      
このご時世、好きなことを仕事にできることほど、素晴らしいことはありません。1日1日を大切に、自身の未来の医師像を想像して頑張ってください。
「若い医師・医学生は未来の希望!!!」です。      
メック講師をはじめた理由を教えてください

自分自身も学生時代にメックで勉強した経験があります。初めてメックでの講義を受けた時の感動は今でも鮮明に覚えています。この感動を麻酔科の講義を通じて、メック生の皆さんへ伝えたかったからです。

講師をされるにあたり、こだわっていることを教えてください

最近の国家試験の問題は、「学生の時は知らなくとも、研修医の先生には知っておいて欲しい知識」が問われることが多いと思います。麻酔科領域で研修医の先生に知っておいて欲しい知識や、最近の麻酔科関連学会のトピック、過去問の分析をふまえて、現役の麻酔科医師として、麻酔科の面白さを伝えていきたいと思っています。
麻酔科の国家試験問題数はメック分類で約3問、毎年出題されています。その3問を全く対策しないのでは気持ちが悪いでしょうし、かといって対策しすぎるのも、内科や産婦人科などのメジャー科目に時間を取って欲しいため、もったいないと思います。
ですから私は、「麻酔科の国家試験対策は、メックのテキストで十分!」となるように、こだわって分析・作成しています。

講師になってよかった、と感じたエピソードを教えてください

受講後のアンケートや、学会などでお会いした際に、「麻酔科の講義を聴いて良かったです!」や「麻酔科に興味をもちました!」などといった声をお聞きすると、めちゃくちゃ嬉しいです。

メックを利用して勉強する魅力や強みを教えてください

メックでは、様々な診療科の専門医師が講師を務めています。個人個人に合わせたテイラーメイドな指導もできる個人指導の先生もいます。そしてメック生を間近で支えるチューターの方々の存在も大きいです。メックのスタッフがタッグを組んで、メック生の皆さんへフルサポートできるのが大きな強みと考えます。

CONTACT US

0120-16-3891

AM 9:00 - PM 6:00 (平日のみ)

ページトップへ