Dr.宮田

奈良県立医科大学医学部卒業。滋賀医科大学大学院修了、医学博士取得。総合内科専門医、循環器専門医、救急科専門医、抗加齢医学専門医、産業医、労働衛生コンサルタント。藤田医科大学医学部客員講師。2019年12月、MEC講師としてデビュー。「MEC必修講座 Part1,Part2」、「Dr.宮田のファイナルチェック」担当。現在も外来診療・救急当直などの臨床診療に携わり、医学教育の現場でも情熱あふれる授業を展開している。また、地域医療において病院の再建からドクターヘリの立ち上げに至るまで貢献し、その運用実績を官庁で記者会見を行う。以後、テレビや雑誌をはじめ多くのメディアに出演。今なお医療監修などの出演依頼を引き受けている。また、学会発表(国内外)や論文などの数々の実績あり。メックの秘宝、スーパー秘密兵器。

Dr.宮田Dr.宮田  
医学生へのメッセージ
皆さん方はある意味、選ばれし者。医師として研究者として、人類の歴史と人体の神秘に挑戦するパイオニア。メックの講義を通して、私はできる限りのことを伝えます。そのどこかで「医学の本質」を、「医療の真髄」を感じ取っていただければと思います。真実の砂粒を受け取ったら、それを自らの手でいつの日か自分だけの宝石にしてみてください。医療人としての君の理想を現実のものに・・。メックを通して精一杯応援します。 各々の信念に忠実に、ここだけは譲れないという「一線」をもった医師になってください。 頑張れ!!大逆転はいつからでも可能です。
メック講師をはじめた理由を教えてください
私は教えることが大好きでした。学生時代から予備校講師をしていたこともあり、医師になってからも院内または院外での講演会を続けてきました。そんな中、奇跡的な御縁があり、MEC講師になることができました。
講師をされるにあたり、講義や個人指導等でこだわっていることを教えてください
とにかく心を込めて教えること。一回一回の授業を大切に、一問一問の説明に心を込めています。医師国家試験合格はもちろんのこと、ドクターになってからも知っておいたら有利になる知識や技術も、時間の許す限り教えます。あとは生徒のためなら、とことん相手になるという気概をもって臨んでいます。
講師になってよかった、と感じたエピソードを教えてください
たくさんありますね。まず、こちらが精一杯エネルギーを出して授業をする。その結果、必然的に学生に伝わり、声として嬉しい結果が還ってくる。エネルギーの循環、相乗効果ですね。また、授業中もそうですが、授業後などに進路相談や医師になってからの専門医や学位の取り方などを質問されるときは、各々の学生さんのビジョンが垣間見えて嬉しいですね。
メックを利用して勉強する魅力や強みを教えてください
とにかく、組織力・チーム力が最強だと思いますね。講師だけでなく、チューター・企画・広報・営業・映像・テキスト制作など本当に多くの部門、大勢の人が集結してこの「医師国家試験予備校」を形成していますよね。これは病院と同じで、医師1人では成り立たないし、逆にメディカルスタッフが大勢いても、医師が1人もいないと病院は成り立たない。まさに「チーム医療」ですよね。同様に、メックも様々な部門が統合して多くの情報をアップデートして、医師国家試験対策をはじめ様々な事業に取り組んでいる点が業界最高峰の証だと思いますね。ですから、医学生の皆さんには安心してメックを大いに活用してほしいですね。
 
 

CONTACT US

0120-16-3891

AM 9:00 - PM 6:00 (平日のみ)

ページトップへ