部署紹介 | MEC GROUP

部署紹介

部署紹介

予備校運営部

予備校運営部

メックの全国5か所にある予備校は、1982年に医師国家試験対策予備校のパイオニアとして創設されました。長い歴史の中で、多くの卒業生を医師として送り出してきました。メックの予備校は医師を目指す医学生に、メック合格メソッドを基に支援し続けています。例年、医学部を卒業し、次回医師国家試験を受験するメック会員の方々を各校舎にて約11か月間サポートしていきます。学習スケジュールや成績管理、講義の準備などを通して、会員全員の合格に向けチーム一丸となって、取り組んでいます。1年毎に会員も変わられるため、毎年リフレッシュした気持ちで仕事に取り組めます。世の中に、素晴らしい医師を送り出すという大変やりがいのある仕事です。

社員インタビューへ

オフィスマップに戻る

医学生教育支援営業部

医学生教育支援営業部

日本全国の医科大学、医学部1年生から6年生を対象に、医学教育支援を行う部門です。
基礎医学から、進級試験、卒業試験、そして医師国家試験対策に必要な講義をはじめとする教材を提供し、医学生の皆様をサポートする仕事を担っています。大学に合わせた学習教材の提供をすることで、現役医学生の医師として必要となる医学知識や判断力を向上させるお手伝いを致します。医学部は1学年1クラス120名前後の大学が多く、その医学生のクラス代表の方にメックの医学教材をご紹介します。また、大学によっては、医学生はもちろんのこと、大学の教授や教職員の方を通じて、様々な教材も提供しています。 さらに、近年では、学力強化を目的とした合宿やメック講師による生講義等を大学内カリキュラムに導入し、大学とメック、医学生が三位一体となり医師に必要な知識を身に付けていただいています。

社員インタビューへ

オフィスマップに戻る

医師コンサルティング営業部

医師コンサルティング営業部

医学部6年生になると、初期研修を行う病院を決めるため、すべての医学生は医師臨床研修医マッチング協議会によるシステムに参加し、自分の希望する研修病院を選び、順位を決め登録します。一方、初期研修病院側も、登録された学生に対し順位を付けます。 一定のアルゴリズムにより、多くの方はマッチした病院が決まり、医師としてスタートします。この医師研修医病院マッチングは、一般の方でいう就職活動に当たるものです。近年、自分の出身大学でもアンマッチになる方が増加しています。その背景には、卒業試験留年や国家試験浪人が選んだ学生の中から出ることで空きがでてしまわぬように、確実に国家試験合格をする医学生を選びたいと考えているからです。 このようなことから、国家試験が終わり、医師になってから病院を探す方も増えてきました。自分に合った研修病院選びは、医学生にとって勉強しながら行わなくてはならず、非常に負担となります。そこで医師コンサルティング営業部は、マッチング対策として、東京、大阪、名古屋、福岡の全国4か所にて「MECマッチングフェア」を開催し、医学生の研修病院選びをサポートしています。また、医師国家試験発表後の病院選びのサポートも行っています。 更には、後期研修医としての病院選び等、医師としてのキャリアップに必要となる様々なサポートを行っていきます。

社員インタビューへ

オフィスマップに戻る

企画管理部

企画課

医学教育研究

医学教育研究

医学部を卒業した後、医師になるために必ず合格しなければならないのが“医師国家試験”です。メックのお客様は、“医師国家試験”に合格するための予備校生だけではありません。医学部1年生から6年生まで「大学の講義についていけない」「進級できない」「卒試に落ちちゃった!」など、対策に悩む学生さんはたくさんいます。それだけでなく、医師になってからも分野ごとに専門医試験などもあり、先生方は働きながら、限られた時間の中で試験勉強をしなければなりません。
企画広報部では、様々な試験などの情報や資料を蒐集し、医師や講師の先生の意見を聞いたり、成績データの変化や傾向などのデータを分析することで、医学生から医師の先生まで、それぞれに一番効果的な対策方法を常に研究しているのです。

教材開発

“医学教育研究”で集めたデータをもとに、あたらしい講座や教材の開発もしています。
1つのものをつくりあげるには、社内だけでも多くの部署が関係します。例えば講座を収録するのは映像部、商品を売るのは医学生教育支援営業部です。たくさんの人が関わるほど「いつまでに収録が終わっていればいいんだっけ?」「いつから販売できるんだっけ?」と、全員が状況を把握しておくのは難しくなります。そこで、全体を把握しスムーズな流れをつくるのは企画広報部の仕事です。
完成した講座や教材も、アンケートなどでお客様の意見を吸い上げ、細かい改定をしています。これによって、日々進化する医学業界の中で、最新の商品を提供することができるのです。

管理課

講師採用

皆さんが企業の採用面接を受けられるように、メックで働いてくださる先生方の採用は、管理課が窓口となっています。先生方は「病院勤務の傍らでも医学教育に取り組みたい」「教育一本で働きたい」などまちまちです。講師採用の仕事は、日程調整・資料準備といった事務的な事だけでなく、先生と会社の双方がベストな働き方ができるように、ご説明しています。
採用したらそれっきり、というわけではありません。例えば「試験勉強からブランクがありすぎて自分の今の知識で教えられるだろうか」というご相談があれば教材の手配をし、講義に慣れない先生には練習に立ち合って「黒板の文字が小さすぎて見えないので、もう少し大きくしてください」「ノートをとるのが追いついているか、学生をもっと見てください」などと指摘もします。先生方と常にコミュニケーションを図ることで、安心してメックで働いていだけるようサポートすることも、管理課の仕事なんです。

講師管理

講師管理

メックに所属する先生方はたくさんいらっしゃいますが、その業務依頼書類・スケジュール・お給料の管理を一括管理しているのも管理課です。
先生方にお仕事を依頼するときには、必ず書類が発生します。「他のスケジュールとブッキングしていないか」「時間は間違っていないか」など確認し、遠方の大学や校舎に移動・宿泊する場合は、そのチケットやホテルの手配もします。翌日のスケジュールは先生方お一人ずつ確認のメールを送り、「明日の講義忘れてた!」というようなことのないようにしています。特に「新幹線が止まってしまった!」「翌日の仕事がキャンセルになってしまった」など急な予定変更には、柔軟かつ迅速な対応が必要となります。

映像課

収録業務

収録業務

収録業務として一番多いものは弊社内にあります教室でのリモコンカメラとスイッチャーを使用した講義収録になります。黒板と書画カメラを使用する一般的なスタイルが多いですが、講義の内容によって模型や医療行為の再現等があり都度、見やすくわかりやすい映像を撮る為に、それぞれがアイデアを出し合いながら進めていきます。また、PCでの映像やCGを使用する際には講師の先生の解説したい部分やその重要度を確認した上で電子黒板、タブレット、編集でのインサートといった方法を提案し、一緒に作り上げる事が必要となります。その他、医学生向けイベントの撮影や外部での収録の場合はHDCAMと三脚を担いで現場を走る事もあります。全ての工程を自社内で行うので、映像制作の広い技術が必要となりますが、弊社の理念である「よりよい医師の育成」の実現へ向けて映像を使って貢献する非常にやりがいのある仕事です。

編集業務

編集業務

収録・放映機材運用も映像部の業務となります。日々の収録や放映が円滑に行われるように定期的に機器の確認を行い状態を把握します。また、外部での撮影の際の機器運搬や現地でのメンテナンス、主催イベントでの放映機器や映像に関わる会場スタッフとの交渉も映像課の仕事となります。機材故障の際には配線図を辿って一つ一つ切り分けていき故障部位と原因を特定するまで検証を行う地道な作業があり、物づくりとは別の忍耐力を試される場面も起こります。その為、常日頃から機材の手入れ、チェックを行い、懸念がある機器には、万が一のバックアップと原因を特定し易いように工夫した配線が重要になります。部としての人数は多くなく、部員はそれぞれが別の仕事を同時に行っていきますが、常にお互いをフォローし合える距離を保っておりチームワークで難局を乗り切ったことも多くあります。何より映像に関する事、全般を任せてもらえている充実感と責任感が大きく、日々良い環境の中、良い緊張感で仕事ができています。

システム課

社内システム運用業務

社内システム運用業務

グループウェア、ワークフローシステムといった社内全体で利用しているシステムの運用を担当しています。具体的には、社員の入退社時のユーザー登録・削除、ワークフローの帳票作成・修正など全社員が円滑に業務を進められるようにしています。

新規システム導入/リプレースサポート

事業拡大やご利用者様のユーザビリティ向上を目的としたシステム導入や、他部署が利用しているシステムが古くなった場合や、業務効率上昇のためのシステムリプレースといった業務を担当しています。直近ではショッピングサイト(Grand Market Ouen)の開設、CBT模試(MEC総合内科専門医模擬試験)の開始といったサイトやシステムの導入、コスト削減を目的としたSalesforceからkintoneへのSFAリプレースなどを実施しました。

webサービスの運用・管理

webサービスの運用・管理

ショッピングサイト(Grand Market Ouen)で取り扱っている講座、テキスト、問題集の発売日に向けて商品ページを作成し、商品の登録・更新を行っています。その他にもWebページのバナー更新や医学生、研修医ランキングの更新を行っています。
CBTメック模試では大学単位に試験実施期間のカスタマイズ、試験受験者の登録、試験環境に対する問い合わせ対応を行っています。

e-learning動画配信システム(e-school)運用業務

メック講師陣による講義をe-learning形式で配信するシステムの運用を担当しています。具体的には、講義動画ファイルの配信サーバー設定と大学営業からの配信依頼により動画視聴ユーザーのID/配信講座の管理を行っています。またユーザーからの問い合わせ(電話やメール)も迅速に日々対応しています。

ヘルプデスク

社内で使用しているパソコン、ソフトウェアのライセンス管理を担当しています。
主に社員入社時のPCセットアップ、ソフトウェアのインストール、PCの設置、年数の経過したPCの入れ替え、データ移行、マニュアルの作成、IT機器の技術的な問い合わせやトラブル対応を行っています。

社内インフラ環境運用業務

東京校と名古屋、大阪、福岡、金沢の各分校のインターネット回線の契約や、移転やレイアウト変更に伴うLAN工事を行う業者の手配、LAN機器の選定などを担当しています。
ファイルサーバー、バックアップサーバーの運用とリプレース、増設時の機種選定を担当しています。
各校では会員さんに講師の講義内容の動画配信サービスを無線LANにて提供しています。無線LAN機器に不具合のある場合の調査や、保守業者への連絡を担当しています。各校の無線LAN機器は、東京校のパソコンから動作状況の確認が行えるようになっています。

社員インタビューへ

オフィスマップに戻る

イベント広報部

イベントサポート

メックブランド向上のための広告制作、HPの運営・管理

メックでは、医学生と医師をサポートするための様々なイベントを開催しています。
医師国家試験予想講座である「LAST MESSAGE」、初期研修医病院と医学生を繋ぐ「MECマッチングフェア」、メックドクターズクラブによる医師コミュニティ親睦会、医学生の部活やイベントを応援するなど、様々なイベントの準備を行い取り仕切っています。

メックブランドの発信

フリーマガジン制作、メルマガ配信

メックが医学生と医師に向けて行う医学教育支援を中心とした様々なサービスを、できるだけ多くの方にお知らせするために、様々な取り組みを行っています。HPや、パンフレット、更にはCM動画、FBやYouTube のMECチャンネル等SNSでの発信も行います。

フリーマガジンとメルマガ

病院パンフレット、WEB制作

中でも全国の医学生に直接配布しているフリーマガジン「i Crip magazine」やメルマガ、更には医師研修医向けのフリーマガジン「レジトレ」は医学生と医師に必要な情報が詰まっており、たくさんの方に利用されているため、医学生や医師の認知度も非常に高いものとなっています。内容、デザイン共に優れたフリーマガジンを製作していることから、病院パンフレットやHP製作も行うようになりました。デザイン会社との連携で作り出す分かりやすくデザイン性に富んだパンフレットやHPは、医学生や医師の目に留まり、病院のコンサルティングにも貢献しています。

顧客管理部

模試

模試

全国の医学生を対象に提供している5種類の模擬試験について、申込受付をはじめ、解答マークシートの読込・採点、成績資料を作成する業務です。全国から送られてくる解答マークシートを速やかに採点し、WEB成績表の更新を行います。受験者名簿の登録やメンバーズカードの発行も担当しています。

事務

事務

主に医学生教育支援営業部と連携して受注した講座のテキストやネット配信の手配、資料の作成、アンケート集計、データの入力が主な業務です。顧客への案内や手配を、依頼に応じて迅速正確に対応します。国家試験直前期に行うイベントでは、半年以上前から準備を進め、案内発送から申し込み受付・管理を行います。

発送

発送

大別すると、実際に商品を梱包・発送する業務と契約している倉庫会社へ発送依頼をする業務になります。現場作業とデスクワークの性質が異なる業務を並行して進めます。また、商品であるテキストや模擬試験の「発送」のみならず、制作時期の確認や納品スケジュールの管理、在庫管理、倉庫会社との打合せ・契約内容の確認、発送トラブルへの対応も行っています。

株式会社メックライン

テキスト係

医学教育に関する“教科書”を制作

医学教育に関する“教科書”を制作

株式会社メックが医学部生向けに実施している医師国家試験、卒業試験、進級試験などの対策講義に使用するテキストを制作しています。いわゆる“教科書”のようなものですが、著者の先生(メック講師)への原稿作成依頼にはじまり、編集・DTP・校正・イラスト作成など印刷会社への入稿作業までを社内で一貫して行っています。年間の制作数は400タイトルにおよびます。

医学知識も求められる“校正”

どのテキストを制作するうえでも、記載内容に誤りがないかを見つけ出す“校正”という作業が重要になります。入社時は医学知識がないゼロからのスタートであるため、最初は誰もが苦労しますが、専門書を片手に繰り返し行うことで確認すべき事項がわかるようになり、誤りを見出せたり、著者の先生(メック講師)に提案して採用されたりしたときには、やりがいと成長を感じることができます。

DTPソフトを使用した“誌面制作”

著者の先生(メック講師)からいただいた原稿に基づき、DTPソフトを使用して社内でテキストのレイアウト制作を行っています。“組版”といわれる作業ですが、培ってきたノウハウに加えて日々ソフトの研究を続けていることにより、効率よく制作できるようになっています。編集とDTPの融合により、読みやすい誌面ができたときには、大きな喜びが得られます。

模試係

医学教育に関する“模擬試験”を年間で5タイトル制作

医学教育に関する“模擬試験”を年間で5タイトル制作

株式会社メックが全国の医学部生に販売している5つの模擬試験『CBT メック模試』『5年生 メック模試』『春 メック模試』『夏 メック模試』『冬 メック模試』を制作しています。著者の先生(作問者)への原稿(問題)作成依頼にはじまり、編集・校正・イラスト作成などを社内で行っています。医師国家試験などを綿密に分析し、本番さながらの内容を目指しています。

誤りを徹底的に見つけ出す“校正”

弊社で制作している教材のなかでも特に模擬試験は、誤りのない“高精度”であることが求められますので、その実現のために日々、専門書を開きながら医学的内容の確認を含む“校正力”の向上に努めています。それにより受験者が学力を正確に把握できることはもちろん、解説書で復習することにより学力を強化できる、高品質な模擬試験を生み出しています。

模擬試験の制作で最も大事な “編集”

模擬試験の問題作成や査読は、メック講師のほか、専門医や医学教育の専門家に依頼しています。そうした先生方との連絡や制作スケジュールの管理、医師国家試験で使われている表現への修正を含む原稿の整理などが、模擬試験の制作で最も大事な “編集”という仕事です。コミュニケーション力も含めて、日々その向上に努めており、スムーズに制作が終えられたときには、喜びと成長を感じることができます。

CONTACT US

0120-16-3891

AM 9:00 - PM 6:00 (平日のみ)

ページトップへ