国試サマライズシリーズ

国試サマライズ メジャー

応用力を身につける
内科の得点力を向上させるには、「病態に関する思考力」と「暗記すべき事項」の両方を修めてから問題演習に臨むことがカギとなります。
本講座では、病態生理を確認した後に、一般問題対策として暗記項目を解説します。また、出題者の意図を考え、正答までのプロセスを過去問を使って復習し、その後、応用問題や予想問題を解いていきます。
ひっかけの選択肢が何の疾患を意識したものなのかなどを学ぶことで、出題者が意図した鑑別疾患を理解できるようになり、応用力が身につきます。
予想が的中する理由
問題演習では、実際の臨床現場での経験を軸にした臨場感のある講義をします。「研修医には何が求められるのか」という視点で解説することで、内科での安定した得点力を身につけられるのと同時に、研修医になってからの臨床力も養成できます。
臨床医のDr.孝志郎は「次に何が出題され、どう対策すべきか」という予想ができます。驚異の的中率で受験生から一番人気の講座です。
得点力の向上
テキストには、「暗記項目」や「ひっかけ選択肢」を○×形式の問題で掲載しており、友人同士での口頭試問や勉強会のクオリティアップをサポートします。
一般問題は、インプットだけでは得点に結びつきにくく、得点力を向上させるにはアウトプットの能力を養成することが必要です。本講座で得た知識、学んだエッセンスを復習を兼ねてアウトプットすることで、臨床問題や必修問題はもちろん、一般問題の得点力が身につけられます。

講義要項(61単位)呼吸器(6) / 消化器(10) / 内分泌代謝(7) / 腎(4) / 血液(6) / 免アレ膠感(10) / 循環器(9) / 神経(9)

国試サマライズ マイナー

マイナー知識の整理
一つの疾患に対して「病歴・症候・身体診察」「検査・治療」などの項目でまとめ、問題もそれに沿って解説しているため、マイナー分野の知識の整理に最適です。
また、マイナー対策講座が過去問を使い、広範囲にわたって病態生理から解説する講座であるのに対して、本講座は予想問題を中心としたオリジナル問題の演習と、直近の過去問を使った最新の出題傾向対策に重点を置いています。

講義要項(11単位)【前編】救急外来 眼科/耳鼻咽喉科/整形外科/泌尿器科/精神科/皮膚科
【後編】第114回国試マイナー全問解説 眼科/耳鼻咽喉科/整形外科/泌尿器科/精神科/皮膚科/放射線科/麻酔科

CONTACT US

0120-16-3891

AM 9:00 - PM 6:00 (平日のみ)

ページトップへ